アレルギー性鼻炎のレーザー治療
レーザー治療


【適応疾患】アレルギー性鼻炎

・(アレルギー反応を起こす)鼻の中の粘膜をレーザーで焼灼して反応を抑えます。
・手術自体は両側で10分程度です。麻酔時間も含めて約30分程度で終了します。
・手術前に鼻の中に麻酔のガーゼを挿入し、表面麻酔をおこないます。手術中の痛みはほとんどありません、手術中の会話も可能です。
保険が適応され、手術代は(3割負担の方で)約9000円です。手術前に血が止まり易いかどうか血液検査が別途必要となります。
・飲み薬や点鼻薬等で効果が不十分の方や薬で眠気が強く服用出来ない方(運転手、受験生、妊娠予定、授乳中の方など)にも効果が期待できます。
・妊娠中、授乳中の方でも手術可能です。
・約70〜80%の人に有効と言われています。
【手術後】 
・多少出血する場合もありますが、通常のお仕事であれば特別な制限はありません。
・最初の1週間はゼラチン状のかさぶたが付着し、鼻汁・鼻閉などの症状が一時的に悪くなることもあります。 
・粘膜が軽い火傷の状態となるため、アレルギーの薬を飲んでいただきます。 
・手術後2週目から、かさぶたが取れてきて約1か月で粘膜が元通りとなります。 
・手術の効果持続は約2年です。 
・レーザーをすることにより、薬が不要となる方もあれば、鼻症状は改善したものの副作用の少ない弱い薬が必要な方もあり、効果は様々です。
この手術は予約制となっております。
花粉症の飛散時期は、症状悪化のためお勧めしておりません。