舌下免疫療法
スギ花粉症の「舌下免疫療法」とは

「舌にスギ花粉の液をたらして、花粉症を治す」という治療法がこの「舌下免疫療法」。つまり、花粉症の人に花粉の耐性をつけさせることで治療する方法です。 
平成26年10月に発売された舌下免疫療法薬は、スギ花粉エキス剤「シダトレン スギ花粉舌下液」という薬です。
手順
まず初めに大切なことはスギ花粉症であることを明確に証明しなければなりません。採血などの検査で診断をします。
治療の手順としては、花粉エキスを舌の下に滴下し2分間そのままの状態を維持した後に飲み込みます。これを1日1回、3〜5年間続けます。
最初の2週間は「増量期」として少量から初めて少しずつ増やし、「維持期」となる3週目からはずっと同じ量を維持します。
従来の皮下接種法と比較して副作用の頻度・程度ともに軽く、自宅治療が基本です。
心配な副作用であるアナフィラキシーの報告はほとんどありません。
ただし、新薬なので発売後1年間は2週間分しか処方できないルールがあり、つまり患者さんは2週間毎に医療機関を受診しなければなりません。発売1年後に このルールは解除されますので、(H27.10/1以降は)1ヶ月処方が可能になります。
期待される改善効果
●1割が完治
●5割が症状が半分程度に
●2割が症状が軽くなった
●2割は殆ど変化なし、改善が見られなかった

全体的には、約7〜8割に有効性が期待されます。
対象とならない方
・重度の気管支喘息患者
・65歳以上の高齢者
・妊娠中、授乳中
・12歳未満の小児
・悪性腫瘍治療中の方
スギ飛散期に治療開始することはできません
スギ・ヒノキ飛散期となる1月〜5月の期間は新たに治療開始することは出来ません。

さらに詳しく知りたい方は鳥居薬品のホームページをご覧下さい。