病気のはなし

子どもの病気

ヒトメタニューモウイルス感染症

誘因原因

気管支炎・肺炎などの呼吸器感染症をひきおこすウイルスの一種です。1~3歳の幼児の間で流行しやすく、3~6月にピークをむかえます

症状

(7日間続きます)
②熱(高めの熱が3~5日間続きます)
③鼻汁、のどがヒューヒュー・ゼイゼイ(=喘鳴)

 

ヒトメタニューモウイルスは、ウイルスの遺伝子も感染症の症状もRSウイルスに似ており、症状も見た目だけでは診断できません。検査キットで区別出来ます。

検査

簡易検査キットを使い3~8分程で分かります。

img01_16115

 

 

 

 


ヒトメタニューモウイルス検査キット

治療

特効薬は無く対症療法が主体になります。発熱に対しては解熱剤を使用し、喘鳴を伴う呼吸器症状に対しては痰の切れを良くする薬や気管支拡張薬を用います。

当院では上記の各種検査キットを取り揃えております。