病気のはなし

みみの病気

急性中耳炎

ear_acute

原因

風邪をひいた際に、のど・鼻の奥にある細菌・ウイルスが、耳管(耳と鼻をつなぐ管)を経由して鼓膜の奥の中耳に入り、感染を起こすことで生じます。お風呂やプールなどで耳に水が入っても、中耳炎にはなることはありません。生後6ヶ月〜6才位の子どもさんに多い病気です。それは、乳幼児の耳管は大人の方に比べ太く短いため鼻から細菌などが中耳に侵入しやすいためです。

症状

①耳痛
②耳のつまる感じ・難聴
③発熱
乳幼児の場合、不機嫌になる、耳に手を当てて泣くといった症状で痛みを表現する場合が多いです。炎症が進行し、鼓膜に穴が開くと、耳漏(みみだれ)として出てくることもあります。

治療

中等度以上では、抗生物質・消炎鎮痛剤による治療を行います。重症の場合や、高熱・痛みが強く、中耳に膿が多量に貯まって鼓膜がしっかり腫れている場合は、鼓膜切開といってメスで鼓膜に小さい穴をあけて、膿を吸い出すこと場合もあります。また、鼻やのどの炎症を抑える処置や吸入、内服薬、点耳薬による治療も必要となります。

予後経過

通常は治療開始後、数日〜1週間ほどで急性炎症はおさまります。 その後、中耳に滲出液がたまる滲出性中耳炎に移行する場合があります。 この場合は、滲出性中耳炎の治療が必要になりますので、完治までは時間を要します。

滲出性中耳炎

原因

滲出性中耳炎は、中耳(鼓膜の内側)に水様〜粘性の滲出液がたまる疾患です。 耳管(耳と鼻をつなぐ管)が正常に機能しないことにより生じます。 幼稚園から小学校低学年の小児に多くみられます。耳鼻科で「水が溜まる中耳炎」とか、「痛みがない中耳炎」と言われることもあるかもしれません。 急性中耳炎が完全に治りきらずに滲出性中耳炎へ移行することも多いです。

症状

急性中耳炎とは異なり、痛みや発熱はありません。
小さなお子様の場合は、以下の症状に周囲の大人が気づいてあげることが大事です。

①耳のつまる感じ
②大きな声でしゃべる(自分の声がこもって聞こえるため)
③TVの音が大きい・声をかけても振り向かない

ear_exudative01

治療

ear_exudative02

①保存的治療

内服薬を飲むことや、鼻をきれいにする処置をおこないますが、一度では終わらず通院が必要な場合が多いです。
特に、小児の滲出性中耳炎は繰り返すことが多く、通院回数も多くなりがちです。

②外科的治療

鼓膜切開や鼓膜換気用チューブという小さなチューブを鼓膜に留置する手術があり、どちらも中耳に貯まっている液を外に出す治療です。

慢性中耳炎

中耳炎を繰り返し発症したり、治りが不十分であったりすると鼓膜の穴が開いたままになってしまう中耳炎です。その場合、鼓膜の穴から細菌が入り込み、膿や耳漏が出るようになります。症状としては難聴・耳鳴・耳漏があります。
主に2種類の治療方針があります。

治療

ear_chronic①保存的治療

耳漏を止めてなるべく細菌に感染しないようにします。耳洗や耳浴を行います。耳浴とは、抗生剤を耳から入れて、そのまま横になった状態を保つことで治療する方法です。

②外科的治療

中耳の状態によって治療が変わります。鼓膜の穴が小さく程度が軽い場合は鼓膜形成術が行われます。そうでない場合、すなわち難聴が改善されない鼓膜に空いた穴が大きすぎる、炎症がひどいときは鼓室形成術を受ける必要が出てきます。

 

外耳炎

原因

耳かき、耳いじり、プールなどによる刺激がきっかけとなり外耳道に炎症が起こります。痒みのため頻繁に耳をいじり、その刺激が皮膚を傷つけ、炎症を拡大するという悪循環に陥ると慢性化します。特に気温が高い夏は、この病気にかかる方が急増します。

症状

耳の痒み・痛み、耳だれ、耳閉感、耳が臭うなど。急性では痛みを伴い、慢性では頑固な痒みを伴います。
ewfre

治療

外耳道を清掃、洗浄します。細菌が原因の場合は抗生剤やステロイドが含まれた軟膏や点耳薬を、真菌が原因の場合は抗真菌薬を塗布します。

耳あか

正式名称は 耳垢栓塞(じこうせんそく) といいます。
耳垢には、乾燥した耳垢「乾性耳垢」と、どろっとした軟らかい耳垢「湿性耳垢」の2種類があります。これらは生まれた時から遺伝的に決まっているものであり、途中で変化するものではありません。日本人の約7割が乾性耳垢で、残りの約3割が湿性耳垢と言われています。 西欧人では日本人と違い約9割が湿性耳垢です。そのため湿性耳垢の多い西欧には、日本でいうところの「耳かき」が普及してしません。湿性耳垢は、通称「あめ耳」「ねこみみ」とも呼ばれていますが、湿性であるから病気と言うことではありません。 耳垢のたまる速度は、その人の代謝によりますので体質による個人差がかなりあります。 
耳垢1

成人で乾性耳垢の場合:耳垢は自然に排出されるようになっているので、耳掃除はほとんどしない or 1か月に1~2回で十分です。
子供・お年寄り・外耳道が狭い方耳垢が溜まりやすく、耳掃除が必要な場合が多いです。
しかしながら、耳掃除する際に以下の注意点があります。
・きれいにしたいからとゴシゴシと擦ってはいけません
・奥まで入れて、ガリガリと掻いてもダメ(耳の入り口から1cm以上入れない)

小耳垢

上の写真は乾性耳垢の患者さんで頻回の耳掃除が原因で、本来「かたまり」であるはずの耳垢が押し込まれてバラバラの状態です。耳掃除が好きな方は注意が必要です。耳掃除は程々がベストです。

耳垢が溜まりやすい体質、もしくは外耳道が狭いかどうかの判断は耳鼻咽喉医に尋ねてみると良いでしょう。

耳管開放症

原因

耳と鼻をつないでいる管を耳管といい、通常は閉じています(嚥下・つばを飲む時だけ開く)が、耳管が開いた状態のままになってしまう病気を耳管開放症といいます。 原因としては、急激な体重減少で耳管周囲の組織が痩せることや、顎関節症妊娠、ストレス、耳管周辺粘膜の血流障害・脱水などが考えられています。

症状

自分の声がひびいて聴こえる、自分の呼吸の音が耳にひびく、耳がつまった感じがする。

診断

体位で症状が変化する(寝る・前屈で頭を下にすると症状が軽快)かどうかの問診、鼓膜が呼吸によってふるえるかどうかの観察、内視鏡での耳管開口部の観察、試験的な通気で耳管に空気が流れ込みすぎないかを確認することで診断されます。

ear_tube

治療

軽度の耳管開放症には漢方薬(加味帰脾湯)が有効です。内服薬で改善されない時は、鼓膜チューブ挿入術を行うこともあります。

先天性耳瘻孔

IMG_3334

 

生まれつき耳に小さな穴があり、そこから白い垢の様なものや臭い膿汁が出ることがある先天性疾患の1つです。

原因

母親の胎内で成長するときに通常では閉鎖している溝が完全に閉鎖せず穴となり残ってしまい、そのまま生まれてきたことが原因です。日本人に多く、その頻度は100人に2~3人程度であり遺伝性することの多い病気です。小さな穴の下には袋状のものが隠れています。

症状

①白い垢
②臭い膿汁
③(感染を起こした場合)耳前部の腫脹
 

IMG_1865

治療

感染が無ければ放置してもかまいませんが、繰り返し腫れるような場合には袋本体を摘出する手術の必要があります。

めまい

良性発作性頭位めまい

寝ていて寝返りをうつ、頭の向きを変えると起きる「めまい」です。
めまいが起きても、しばらくのあいだ同じ姿勢でいるとおさまります。
内耳にある耳石(じせき)が原因と言われています。通常、数週間〜数ヶ月でおさまります。

メニエール病

めまい・耳鳴・難聴を繰り返す内耳性疾患です。
内耳のリンパ水腫が原因と言われています。過労やストレスや気圧変化などがきっかけで起こることが多く、同じような症状を「繰り返す」のが特徴です。
几帳面な性格の人がなりやすい病気です。めまい発作時は、薬を服用して2週間くらいは無理をしないようにしましょう。

前庭神経炎

突然激しい回転性の「めまい」が起きます。
内耳にある前庭神経の炎症によるものです。原因はウイルス感染と言われています。
通常、激しいめまいは数日以内に落ちつき、ふらつきのある期間を経て治癒します。
前庭神経炎を繰り返すことは、ほとんどありません。