クリニックブログ

インフルエンザB型

カテゴリ:  2019年11月19日

岩倉市の「いのうえ耳鼻咽喉科」 院長の井上です。

 

 

 

11/18(月) 今シーズン初めてのインフルエンザB型が出ました
IMG_9897[1]

 

 

 

 

 

当院では、インフルエンザの高感度検査装置を導入しております。

『富士ドライケムIMMUNO AG1(富士フイルム社)』をという装置です↓
IMG_3718[1]

 

 

最大の特徴は、「ウィルスが少ない発症初期の段階」でも検出が可能です

 

 

 

11/18(月)も 熱が37.5℃の方で、「念のため検査しましょう」とお話しして調べたところ
IMG_9898[1]A型が陽性でした

 

 

 

早めに診断がつく  早めに治療が可能  症状が早く緩和される
といったメリットがあります。

 

 

 

熱や倦怠感のある方は、クリニック受診をお勧めいたします

インフルエンザワクチンについて

カテゴリ:  2019年11月18日

岩倉市の「いのうえ耳鼻咽喉科」 院長の井上です。

お知らせリスさん

少しではありますが、「インフルエンザワクチン予約」に 空き がございます。

 

 

 

 

 

今年は、ワクチン接種予定の日時に、同時に診察をすることが可能となっております。

 

 

 

 

スマホ📱・携帯・パソコンからのネット予約となります。
お電話での予約受付はしておりません。

 

 

 

 

ワクチンご希望の方は、「いのうえ耳鼻咽喉科インフルエンザワクチンWeb予約」ページより予約をお願いいたします

今日のお出かけ先は

カテゴリ:  2019年11月17日

岩倉市の「いのうえ耳鼻咽喉科」 院長の井上です。

 

 

 

 

今日(11/17)はここに行ってきました 
IMG_9885[1]巨大な白い騎馬像

 

 

 


下に小さく写っているのが  なので、その大きさが分かりますでしょうか。
IMG_9876[1]ここはどこかと言いますと
名古屋市熱田区にある「名古屋国際会議場」です。

 

 

 

IMG_9889[1]耳鼻咽喉科の専門医講習会に参加してきました。

 

 

 

朝早く🐔から「補聴器実技講習」に参加。
IMG_9875[1]

 

 

 

大学の同級生である I先生 と同じ机で一緒に聴講
学生時代はこんな感じで I先生と一緒に講義を受けたのが本当に懐かしいです(30年程前・・)

 

 

 

 

そして次は「大きなホール」へ移動
IMG_9877[1]会場は既に満席で、立ち見が200名以上

 

 

 

1時間の講演で、立ち見はキツかったです

 

 

 

その後も夕方まで講演は続きました

 

 


そして今回とても勉強になったの講演です↓
IMG_9883[1]舌下免疫療法の現状と展望


三重県の「ゆたクリニック」の湯田先生の講演です。

 

 

 

当院でも 舌下免疫療法 を積極的におこなっておりますが、講演終了後に色々と質問させていただきました。

 

 

 

湯田先生のクリニックの症例数は日本一で、今回も非常に勉強になりました

 

 

 


明日からの診療 頑張りたいと思います 💪

11/16(土)講演会に参加

カテゴリ:  2019年11月16日

岩倉市の「いのうえ耳鼻咽喉科」 院長の井上です。

 

 

 

11/16(土)診察終了後に名古屋市内で開催された講演会に参加してきました
IMG_9863[1]

 

 

 

 

 

 

IMG_9861[1]

演題は、「小児急性中耳炎診療ガイドイライイン2018のポイント」
演者は、和歌山県立医科大学 耳鼻咽喉科学 教授 保富 宗城 先生です。

 

 

 

急性中耳炎・急性副鼻腔炎における「抗生剤の適正使用」について、学んできました。

 

内容は以下のようでした

小児の急性中耳炎の場合、鼓膜所見をしっかりとる(暴れて大変ではあるが)
鼓膜切開などの外科的処置は有効性が高く推奨すべき
鼻処置や鼻洗浄も有効性が高く積極的に薦めるべきである

 

 

 

帰りに名古屋駅周辺のイルミネーションを見てきました↓
IMG_9871[1]

美しいです 👏

 

 

 

こちらはホテルのロビーに飾ってあったものですが↓
IMG_9867[1]

 

 

 

この トナカイたち 動きます↓
IMG_9870[1]

 

クオリティの高さにビックリしました

インフルエンザに注意

カテゴリ:  2019年11月16日

岩倉市の「いのうえ耳鼻咽喉科」 院長の井上です。

 

 

 

 

今週入って早々、岩倉市内の中学校において、インフルエンザで学級閉鎖状態でしたがその後は小康状態でした

 

 

 

 

しかしながら、11/15(金)当院で小学生でインフルエンザA型の患者さんが2人おられました
IMG_9829[1]厚生労働省・保健所による定点観測でも「インフルエンザ 1か月早い流行入り」と発表されています。

 

 

 

 

皆さん体調管理には じゅうぶん気を付けましょう

後鼻漏による咳

カテゴリ:  2019年11月15日

岩倉市の「いのうえ耳鼻咽喉科」 院長の井上です。

 

 

 

 

先日のことです。「3週間前から咳が続く」とのことで当院受診された患者さんがおられました。

 

 

 

 

鼻からファイバーで見てみると

ENT_DEFINA_System_img5後鼻漏1黄鼻汁が

 

 

 

 

 

後鼻漏2後鼻漏3鼻から喉にかけて鼻汁が下りていました
正式名称は「後鼻漏(こうびろう)」と言います。

 

 

 

 

レントゲンを撮影してみたところ↓
X-Phorror_p01
赤丸部分が白くなっており、副鼻腔炎の状態でした。

 

 

 

 

膿がノドへ降りて、咳の原因となっていました
123

 

 

副鼻腔炎の治療で咳は改善していきました。

 

 

 

 

長引くの咳の方は、一度鼻をチェックしてみても良いかもしれません

スタッフさんへ差し入れ

カテゴリ:  2019年11月13日

岩倉市の「いのうえ耳鼻咽喉科」 院長の井上です。

 

 

 

 

食欲の秋ということで

 

 

 

 

いつも頑張ってくれているスタッフさんへ「差し入れ」をしました。

IMG_2279[1]

 

 

 

 

 

 

甘い物の次は、しょっぱい物

IMG_9714[1]

こちらのお菓子は、お隣のスーパー「カネスエ」で大人買い

 

 

 

 

 

お会計後エコバックにつめて

エコバック一個しか持っていかなかったため、

今日のところは、これぐらいで

 

 

 

 

 

スタッフさん、いつもありがとうございます

 

当院南側の美容院

カテゴリ:  2019年11月11日

岩倉市の「いのうえ耳鼻咽喉科」 院長の井上です。

 

 

 

当院の南側に美容院があり、以前は営業していましたが今は建物そのままで「閉めた状態」となっておりました。
IMG_9751[1]

 

 

先日、その前を通った際に「美容院💈の看板」が変わっている 🙄 のに気づきました。
IMG_9750[1]

何かが出来るようです

 

 

 

 

何が出来るかと言いますと↓
IMG_9752[1]

カフェのように通える ヘアカラー専門店

 

 

 

 

IMG_9754[1]プロが使用するカラー剤美容師染める

 

 

 

 

IMG_9760[1]看板によると以下の様な流れになっているようです

ご予約不要
受付
発券機で清算
荷物はロッカー
カラー選び
カラーリング
シャンプー
セルフ ブロー

 

発券機で清算 セルフ ブロー
そういう時代なんですねー

 

 

 

 

 

オープンは少し先のようです

 

 

 

 

時代の流れを感じます

サーファーズイヤー

カテゴリ:  2019年11月7日

岩倉市の「いのうえ耳鼻咽喉科」 院長の井上です。

 

 

 

 

先日のことです。「に何か溜まった感じ」がするとのことで当院受診された患者さんがおられました。

 

 

 

 

鼓膜表面に耳垢があり、除去しました。

 

 

 

 

その患者さんに、私から質問

 

Dr:「いまでもサーフィン🏄‍やっていますか?」
患者さん:「やっていますが、耳栓をしています」

 

 

 

おお、素晴らしいです 🙌

 

 

 

どういうことかと言いますと

まずは、正常な耳・鼓膜所見です↓
洗浄後

 

 

次のこの患者さんの耳・鼓膜所見です↓

サーファー3病名は「サーファーズイヤー」で🏄‍です。

 

 

 

 

サーファーズイヤーについて解説したいと思います。

 

 

 

サーファーズイヤー とは?

 

 

【原因】サーフィン等の水上・水中スポーツや潜水の際に、冷水刺激が長期的繰り返されることで、外耳道の骨が増殖し、耳の孔が全体的に狭くなると考えられています。

【症状】初期の頃はほぼ無症状です。狭窄が進むと耳垢等が溜まりやすくなります。

【診断】問診や外耳道所見から診断は容易です。外耳道の骨隆起が進行し狭窄を起こすと聴力悪化することもあります。

【予防・治療】予防は耳に冷水を入れないことです。耳栓をお勧めいたします。病状が進行して骨隆起がひどい場合は、手術で骨隆起を削る場合もあります。

 

 

 

一般の方には馴染みのない病気ですが、サーフィン🏄‍をやっている方には有名な病気なのです

こどものゲーム・ネット依存の現状と対応

カテゴリ:  2019年11月5日

岩倉市の「いのうえ耳鼻咽喉科」 院長の井上です。

 

 

 

11/4(月)は祝日🎌でしたが、名古屋市内で開催された
こどものゲーム・ネット依存の現状と対応」のセミナーに参加してきました

IMG_9674[1]

 

 

 

演者は、国立病院機構 久里浜医療センター🏥 院長 樋口 進 先生👨‍です。
IMG_1638

 

 

 

この分野で第一人者👏の先生の講演ですので
IMG_9673[1]会場は ほぼ満席

 

 

 

ゲーム・ネット依存は研究が浅く、原因も治療法もまだ不明確な状態とのことですが、依存が疑われる患者さんは非常に増えてきており、専門医や制度確立が追いついていない状況です。

 

 

 

治療方法について

①カウンセリング
②入院治療(2か月)
③薬物治療
④キャンプ治療(全員参加で集団生活、かつて依存だった人の談話を聴く)

などもあるようですが

 

 


治療の基本は、「本人が自分の意思で行動を変えていくようの援助する」ことがポイント
「ゲームやスマホ📱を取り上げる」といった周囲からの制限は効果が無いそうです

 

 

具体的には
【ゲーム・ネットを、他の活動に置き換える】

(A)ネットの出来る時間を減らす
・塾、予備校、学校での補習
・勉強は家の外で完結させる
・アルバイトも歓迎

(B)ゲームの優先度を2番以下に
・部活、ボーイフレンドやガールフレンドなど
一番多いのは勉強・進学、仕事
友人・先生からの助言は有効

 

 

友人から「お前 まだゲームに はまっているの 受験勉強するなら今でしょう
と言われたりすると とっても効果あるそう です

 

 

「バーチャルではなく、現実の活動を豊かにする」のがポイントのようです。

 

 

今回も非常に勉強になりました