クリニックブログ

2018年3月

3/31(土)は最終日でした。

2018年3月31日

花粉症シーズンでお疲れのスタッフさんへケーキ 🍰 の差し入れをしました。

IMG_7430IMG_7431岩倉市内のケーキ屋 🍰 さんにケーキを買いに行ったのですが、「岩倉桜祭り🌸」の影響で道路は大混雑です。

 

スタッフさん 今月もどうもありがとうございました🙏

3/31(土)はクリニック周辺の道路が混雑します。

2018年3月31日

岩倉市五条川の桜は満開🌸🌸です。

「岩倉まつり」が3/30(金)~4/8(日)まで開催されます。

iwakura-sakura-flyer2018

そのため、3/31(土)はクリニック周辺の道路が大変混雑する可能性がございます。

お時間にゆとりをもって受診されることをお勧めいたします。

キッズルームに子供用の本を追加しました

2018年3月30日

科学漫画 サバイバルシリーズ

「ロボット世界のサバイバル」のシリーズ 1~3を揃えてみました。

読んでいくうちに知識が増えていく 科学漫画です。IMG_7346[1]キッズルームに置いてあります。

興味のある方は是非読んでみて下さい。 

夜桜見物

2018年3月27日

3/27(火)午後の診察終了後に夜桜見物🌸に行ってきました。

IMG_7391[1]行先はクリニックから西へ600m程のところにある岩倉市の五条川です。
五条川の桜並木は愛知県内2位の人気の高いお花見スポットです。

IMG_7390[1]桜はほぼ満開ですね。


恒例の「岩倉まつり」は3/30(金)~4/8(日)まで開催されます。

IMG_7396[1]人がいない屋台が何だがさびしく見えます。

ダニアレルギー薬の小児適応拡大

2018年3月25日

今回は子どものアレルギー性鼻炎のお話です。

ダニ・ハウスダストが原因で一年中 くしゃみ・水様鼻汁・鼻閉(いわゆる通年性鼻アレルギー)で困っておられる子供さんがいます。これまでは、抗アレルギー作用のある内服薬・点鼻薬で治療してきましたが、これらの治療にもかかわらず鼻症状が重篤で緩和されない方が少なからずおられました。

そんなお子さん・お母さんに朗報です。

ダニアレルギーの舌下免疫治療薬 「ミティキュア」の小児適応が拡大されました。
対象患者さんが、これまでは12歳以上となっていましたが、これからは5歳以上の子供さんに使用可能となります。

IMG_7089[1]

 

5歳以上の子供さんで一年中 くしゃみ・水様鼻汁・鼻閉で困っておられる方は一度耳鼻咽喉科で相談されることをお勧めいたします。

インフルエンザの新薬「ゾフルーザ」

2018年3月22日

3/14に発売になった インフルエンザの新薬「ゾフルーザ」
についてメーカーさんから説明をしていただきました。

IMG_7317[1]シオ●ギ製薬さんから発売された純国産の抗インフルエンザの新薬です。これまでの治療薬とは作用機序(効くポイント)が全く異なり、早い段階で効くため高い効果が期待されます。

 

ポイントは
★ 1回飲むだけで良い
だたし錠剤のみとなっております(小さいですが)

 

価格も既存の薬とほとんど変わらないようです。
新薬が出てくるのは患者さんにとって喜ばしいことです。

スギ花粉症の診断

2018年3月18日

連日 スギ花粉症の患者が受診されていますが、「耳鼻科医がどのようにスギ花粉症を診断しているか」について、述べたいと思います。

 

よくあるケースですが

 

幼稚園の子供さん
3日前より「水様鼻汁」「くしゃみ」「眼の腫れ」で受診。
お母さんより、「風邪か花粉症かが知りたいです」

 

診察手順として

①まずは問診 くしゃみ連発の有無眼痒み例年春がどうだったか など
②鼻粘膜を観察
 通常はこの様にやや赤っぽく見えますが↓
Image1 - コピー (3)

 

スギ花粉症の場合は蒼白浮腫状です↓
Image2 - コピー

 

③最後に採血でスギ抗体をチェックすれば確定です(通常は採血まではしませんが)。

 

他に参考とする項目は、両親が花粉症かどうか、患者さんの年齢(3歳未満は発症しにくい) などです。

 

簡単そうに見えますが、難しい場合もあります。
例えば
・通年性鼻アレルギーの方は、ハウスダスト・ダニに年中反応している為に鼻内が年中、蒼白・浮腫状である
・小さな子供さんの場合 稀ではありますが、「風邪で眼が腫れることがある」

などです。

こういった場合は、総合的に判断することが必要となってきます。

 

 

くしゃみ・鼻汁のある方で、風邪 か花粉症か 迷っておられる方は耳鼻科で判断してもらうことをお勧めいたしします。

耳に入っていたものは

2018年3月16日

先日のことです。

耳の痛み」で受診された子供さんがおられました。
耳の中を診てみると↓
洗浄前鼓膜の軽度発赤と 緑色の物体 がありました。

 

点耳薬で洗浄しましたが
洗浄後まだ残っています。

 

器具を使って吸引し取れたものがこれです↓
IMG_7201[1]消しゴムの様な固さの物体でした。
お母さんと一緒に考えましたが、何かは分かりませんでした。

 

子供さんは、耳や鼻にいろんなものを入れることがあります。気になった場合は耳鼻咽喉科の受診をお勧めいたします。

鼻の中にビーズ

2018年3月14日

「鼻の中にビーズが入った」とのことで、2歳の子供さんが受診されました。

自分で入れたとお母さんに伝えたようです。
 受診する前に、自分で出そうとして鼻を何度も  フーン! フーン!していたようです。

 

2歳の子供さんが、何とも可愛らしい   と思いながら 鼻の中を観察してみると↓
ビーズビーズがありました

穴の開いたビーズのため、穴にピンセットを入れて無事摘出完了。
IMG_7235

まったく泣くこと無く 本当にお利口さんな2歳のお子さんでした。

鼓膜を透かして見る

2018年3月13日

先日のことです。

「鼻水」を主訴に小学生の患者さんが受診されました。「耳痛」もあり、お母さん曰く 最近「聞き返しが多い気がする」とのことで、鼓膜を観察してみました。

 

ここでまず  正常な鼓膜写真を示したいと思います↓
鼓膜の奥の構造物が少し透けて見えます
正常 - コピー

次に「鼓膜の奥に貯留液がある」写真です↓
gfreag

 

この様に耳鼻科医は、鼓膜表面もさることながら、鼓膜を透かしてその奥を診ているのです。

 

ここで今回の患者さんの鼓膜所見です↓
左右「透けて見えない」状態になっていました。

 

この様な状態で考えられることは
何度か中耳炎を繰り返したことがある or 以前にブログで紹介した 例のスポーツ が考えられます

 

ここで突然
Drから(お母さんに質問):「もしかして水泳やってます❓」
お母さん:「ハイ 週5回通っています」

 

やはり水泳🏊‍でした  週5回とはすごいです。水泳を毎日やっている方は鼓膜を見ると分かるのです。

12