病気のはなし

その他の病気

粉瘤

症状

皮膚の盛り上がり

拡大図↓

粉瘤

粉瘤の見た目には以下のような特徴があります。

  • 皮膚がドーム状に盛り上がっている
  • 大きさは数mmから10cm以上までさまざま
  • 真ん中に小さな黒い点(へそ)が見える
  • 押すと白か黄色のドロドロした臭いが出る

粉瘤ができる場所

粉瘤は以下のように体のどこでもできるものです。

  • 顔面
  • 耳たぶ・耳の裏側
  • 背中
  • おしり
  • お腹
  • 手足

原因

粉瘤とは、正常な皮膚の中に嚢胞(のうほう)という袋ができ、袋の中に角質や皮脂などの老廃物がたまったもののことです。別名として、類表皮嚢腫(るいひょうひのうしゅ)、表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)、アテローム、アテローマとも呼ばれています。

アテロームという言葉は、動脈硬化で血管の壁にたまっているコレステロール(粥腫)のことも指します。しかし粉瘤と動脈硬化は関係ありません。たまたま同じ名前で呼ばれているだけです。

粉瘤を観察すると、嚢胞の内側につながる黒い穴が開いています。皮膚開口部と言うのですが、「へそ」とも呼ばれます。

粉瘤は治療が必要?

粉瘤は放置しても問題はありません。ただし次のような理由があれば治療が必要です。

  • 美容(見た目)的に気になって困る
  • ジャマになる
  • ばい菌が入って、腫れる・膿が出る

粉瘤が出来る原因は分かっていません。
粉瘤は潰しても治りません。潰しても中身の袋(嚢胞)は残っているためです。
粉瘤を潰してはいけません。潰すと、ばい菌が入り腫れが悪化する可能性があります。

根本的治療

治療としては抗生剤を使ったり、(効果は一時的ですが)排膿させる方法もありますが、根本的治療は手術になります。
手術は以下の要領でおこないます。

58c7381cdf93013a5b6fe56a933f0099

手術が必要な場合は、(当院ではなく)総合病院を紹介させていただきます。

首の腫れ

リンパ節の炎症や腫瘍、甲状腺や唾液腺(耳下腺、顎下腺)の腫瘍があります。血液検査や画像検査を行い、内服治療や手術が必要になる場合もあります。

流行性耳下腺炎

原因

ムンプスウィルスによる感染

症状

other_parotitis

ウィルス感染後2〜3週の潜伏期ののち、片側または両側の耳下腺(耳の下にあり、唾液をつくる部分)の痛みと腫れが生じ、発熱、頭痛、開口障害も伴うことがあります。顎下腺(顎の下にあり、唾液をつくる部分)の腫れも、しばしば伴います。腫れは3日目がピークで、7〜10日で消失します。一般に、小児に比べ、成人の方が症状が強く出ることが多いです。

治療

解熱鎮痛剤等の対処療法のみで特効薬はありません。

注意点

学校保健法では、耳下腺の腫れが消失するまで出席停止と定められています。

顔面神経麻痺

原因

顔面神経麻痺の原因は脳梗塞や、脳内出血、脳腫瘍、脳炎、耳の手術、ウイルス、栄養血管障害、寒冷刺激、免疫異常、外傷など様々ですが、原因が定かでない特発性のもの(通称「ベル麻痺」)がもっとも多いです。頭蓋内病変を疑う場合は、MRIなどを受けてもらうこともあります。

症状

まぶたが閉じにくい、口が動きにくく口から食事がこぼれる、顔が引きつるようだといった症状で気が付くことが多いです。

治療

麻痺の程度により治療方法が異なります。軽度の人は内服治療をおこないます。中程度〜重度の人は7〜10日間の点滴治療をしていただきます。治療が遅れると回復しにくいと言われています。早期発見と早期治療が大切です。顔の異変に気づいたら、すぐ耳鼻咽喉科を受診しましょう。