病気のはなし

のどの病気

慢性上咽頭炎

症状

  • 鼻とノドの間の痛み
  • 後鼻漏(鼻汁がノドへ下りる)
  • 痰、咳払い、ノド違和感
  • 頭重感、倦怠感、めまい

原因ogogr

外部より細菌・ウイルス等の病原体が侵入した場合、リンパ組織の集合体である扁桃組織が炎症を起こすことで防御します。扁桃組織の代表格が口蓋扁桃なのですが、「上咽頭」と呼ばれる部位の扁桃組織が炎症を起こすことがあります。上咽頭は喉と鼻のつなぎ目にあたる位置に存在しています。ここが炎症を起こした場合「上咽頭炎」となります。上咽頭の急な炎症が、慢性化すると慢性上咽頭炎を起こすことがあります。

検査kksj

鼻からファイバーを入れて観察します。 

 

 

治療

Bスポット療法(EAT:上咽頭擦過療法)を行います。上咽頭に塩化亜鉛などの消炎剤を直接塗布・擦過する治療法です。鼻と口から、薬液を染み込ませた綿棒を入れて擦り付けます。痛みと出血を伴いますが、これを週に1~2回の頻度で行います。上咽頭炎