クリニックブログ

インフルエンザの高感度検査装置を2台導入しました

2018年1月31日

インフルエンザウィルスの検出を「より早く、より的確に」との思いから、高感度検査装置、『富士ドライケムIMMUNO AG1(富士フイルム社)』を2台導入しました。

IMG_6759[1]

TVCMでやっているあの装置です。


写真技術の応用によりウィルスの検出感度を向上させ、ウィルスが少ない発症初期の段階でも検出が可能です。

インフルエンザウイルスは、ウイルスの増殖スピードが極めて速く24時間で1個のウイルスが100万個に急増すると言われています。
このウイルス増殖は発症後おおむね48時間以内に終息するため、ウイルス増殖を抑える抗インフルエンザ薬は48時間以内に内服することが重要です。

 

これまでは使用してきたインフルエンザ検査キットは、発症6時間以降で判定可能であり十分活躍をしてきたのですが、今年は状況が違います。インフルエンザの患者さんが多数で、しかも熱が出てすぐ受診というパターンが多いのです。そこで富士フィルムの技術の出番です。

 

インフルエンザの高感度検出技術とは? 

これまでの検査方法では、時間がたってウイルスの数が増えるまでインフルエンザと診断できませんでした。そこで、ウイルスの判定の目印「金コロイド」を、「」によって約100倍大きくする新技術により、ウイルスが微量でもインフルエンザを発見しやすくしました。

influillust01

 

 

 

例えば、「 お子様のインフルエンザ診察の場合」 

 

before診察1日目(感染初期)


illust_before

     診察2日目illust_before2
text_before

 

arrow

 

after

 

診察1日目(感染初期)

 

illust_aftertext_after

 

 

早期判定が可能であれば、「当日検査陰性で翌日再受診」という煩わしさから解消されるのに加え「より早く、症状が軽いうちの治療」が可能となります。その結果回復が早くなり、重症化の予防に役立ちます。また周囲への感染拡大を防ぐという観点でも有効です。