クリニックブログ

高齢の方の嚥下障害

カテゴリ:  2020年11月9日

岩倉市の「いのうえ耳鼻咽喉科」 院長の井上です。

 

 

 

 

先日のことです。
80歳台の患者さんが「錠剤・肉塊が飲み込みにくい」とのことで当院受診されました。

 

 

 

 

ファイバーでノドの奥を診てみると↓
骨棘2

 

ノド奥の方に「出っ張り」がありました。

 

 

 

 

レントゲンを撮ってみると↓
骨棘1やはり「骨が出っ張っている」ことが確認されました。

 

 

 

 

病名は、「骨棘(こつきょく)形成による嚥下障害」です。

 

 

 

 

骨棘とは、骨に加えられた何らかの刺激に反応して骨組織が増殖し、棘状 (とげじょう) になったものです。

人間の頭というものは意外と重く、これを支えるために頸椎が変形して骨棘を作ると言われています。

 

 

 

 

今回は加齢変化が原因の為、様子をみていただくことになりました。

人間の頭は重くて、これを80年も支えてきたわけですね。

 

 

 

 

11月は平日午後、毎週土曜が2診体制となります。
公式LINE始めました。こちらより、ぜひご登録ください。友だち追加 
自費 新型コロナウイルス唾液PCR検査始めました。
ピアッシング始めました。
オンライン診療 始めました